インプラント治療費用の相場

従来のインプラントとは高価で時間もかかり、一部の人にしか利用されていない治療法でした。

 

しかし、現在では一番最先端であり、たくさんの人がインプラント治療を求め歯科医院に訪れます。

 

インプラント治療

 

インプラント費用は歯科医院のプランによっても異なってきますが、現代では1本10万からでも治療が可能な医院も増えてきています。
インプラントは1本から処置が可能ですが、歯のほとんどをインプラントにすることも可能なのです。

 

しかし、そうなった時の金額はかなりの高額になるといっていいでしょう。
インプラントの土台となる部分が歯の本数によって変わってくる上に、歯自体の本数も変わってくるので金額もその分増えていくというわけです。

 

インプラント

そして、さらには土台となる部分の素材や歯の部分の素材の選び方でたくさんの選択肢があります。

 

その選び方によって1本10万円という金額を実現することが可能となり、選び方によっては高額な金額になってしまう1つの理由です。

 

インプラントの素材と選び方

インプラントの素材

インプラントは土台の部分と白い歯の部分があり、それぞれ素材はたくさん存在します。

 

まず、土台の部分の素材は主に金属ですが、同じ素材を使っていても形が違っていたり、その人の歯茎の隙間にあった太さや長さのモノを選びます。
その中でも外国の会社の物や日本の会社の物と分かれています。
その医院で扱っているものは様々でしょう。

 

また、白い部分の素材もたくさん存在します。
例えば、セラミックやジルコニアなど今話題の素材が使われていることが多いですが、その中でも土台の金属となる部分との相性などもあり、そこで最善の組み合わせを医院がアドバイスしてくれるはずです。

 

金額との相談になるとは思いますが、インプラントの費用を下げたいと思えば白い部分の素材を違うものにすることも可能です。
素材の特徴としては、セラミックやジルコニアはどちらも割れるようなことはほとんどありません。

 

もちろん、制作上での不具合があり当たってはいけないところを噛み合わせしていたなどがあれば別ですが、基本的には割れません。
違いとしては、ジルコニアは白い色が少し強い為透明感がないという特徴もあります。

 

こういった素材の特徴はなかなか患者さん側には解らない事なので、どんどん医院のスタッフの方に質問を投げかけることをオススメします。

 

歯の喪失とインプラント構造

 

現在自分自身の天然の歯が人生を終えるまでに何本残っていると思いますか?

 

インプラント

現代では2080運動という活動があります。
これは20本の歯を80歳まで天然の自分の歯を残そうという運動ですが、達成できる人は少ないとされています。

 

確かに天然の歯を残すということは手入れを毎日行っていても難しいものです。
歯の質や事故などで失ってしまう可能性は誰にでもあります。
この時どのようにして歯を補うのか、この時必要なのがインプラントです。

 

インプラントの構造

 

インプラントは2つの構造から作られています。

 

まず、失ってしまった部分の歯茎の中に土台となるボルトのようなものを埋入する部分と、白い歯の部分になる部分です。
インプラント手術とされるのは土台となる部分のボルトを歯茎に埋める施術の事を指します。
そして歯茎が治癒するのを待ち、一定期間の後に白い部分となる歯をその土台へ繋げていくのです。

 

個人差はありますが、インプラントはすべての方に適応するわけではありません。
歯茎の中にある骨の密度などが少ない場合土台を埋めるだけの支えがないことになり、施術を行えない可能性があります。
ですので、流れとしてはカウンセリングから始まり、CT撮影、施術の方法や素材選び、そして手術という流れになります。

 

インプラント費用の相場を知りたい場合は、携帯・PHSからも利用できる通話料無料のフリーダイヤルがありますので、近くのインプラント治療医院に問い合わせをしてみることをオススメします。